• お初天神通り商店街とは
  • お初天神について
  • お初天神(露 天神社)の行事
  • お初と徳兵衛祭り
お初天神について

近松門左衛門「曽根崎心中」ゆかりの地

「お初天神」の名で広く知られる当神社、は正式名称を露 天神社(つゆのてんじんしゃ)といいます。元禄16年(1703年)に当神社の境内で実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書きました。以後、そのヒロインの名前「お初」にちなんで「お初天神」と呼ばれるようになったのです。

誰が告ぐるとは曽根崎の森の下風音に聞え。

取伝へ貴賤群集の回向の種。

未来成仏疑ひなき恋の。

手本となりにけり。

「曽根崎心中」は、元禄16年4月7日に起こった、堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が当神社の「天神の森」にて情死した事件をもとに、近松門左衛門が劇化したものです。この作品は当時の人々の間で大評判となり、当神社にも参脂回向の老若男女が大勢押しかけたといわれています。

広く民衆の涙を誘うこの作品はその後も繰返し上演され、今日でも回向とともに、恋の成就を願う多くの人々が訪れています。なお、昭和47年7月、曽根崎中1丁目の有志によって、恋に殉じた二人を慰霊するための「曽根崎心中 お初 徳兵衛 ゆかりの地」という石碑が建立されました。

二人の300回忌の後、氏子の一人が「お初さんのために」と100万円の寄付がありました。それをきっかけに、地元の商店街などから寄付金が寄せられ、平成16年4月にブロンズ像が製作されました。

近松門左衛門「曽根崎心中」ゆかりの地近松門左衛門「曽根崎心中」ゆかりの地

露 天神社(つゆのてんじんしゃ)由緒

創建以来一千三百年の歴史を持つ古社で、「難波八十島祭」旧跡の一社である。曽根崎・梅田地域の総鎮守として現在も崇敬を集める。

社伝によると、当神社は上古、大阪湾に浮かぶ小島の一つであった現在の地に、「住吉須牟地曽根ノ神」を祀り御鎮座されたと伝えられており、「難波八十島祭」旧跡の一社です。曽根崎(古くは曽根洲と呼ばれた)の地名は、この御神名によるとされています。創建年代は定かではありませんが、「難波八十島祭」が文徳天皇の嘉祥3年(850年)にまで遡ることができ、六世紀の欽明天皇の頃には形が整っていたとされることから、当社の起源もその頃と推察されます。 なお、承徳元年(1097年に描かれた「浪華の古図」には、当社の所在が記されています。

露 天神社(つゆのてんじんしゃ)由緒


曽根崎・梅田地域の総鎮守

南北朝期には「曽根洲」と呼ばれたこのあたり一帯も斬次拡大し、地続きの「曽根崎」と呼ばれるようになりました。この頃、北渡辺国分寺の住人・渡辺十郎源契や渡辺二郎左衛門源薫ら一族が当地に移住し、田畑を拓き農業を始め、当社を鎮守の神とし曽根崎村を起こしました。 以後、明治7年(1894年)の初代大阪駅、明治38年の阪急電鉄梅田駅開業などとともに地域の発展に拍車がかかり、当社も大阪「キタ」の中心、梅田・曽根崎の総鎮守として崇敬を集めるに至っています。

※注:「難波八十島祭」 古代難波において、王権のもとに執り行われた最も古い祭?とされ、奈良時代には即位儀礼の一環として、即位の翌年に、天皇自ら難波の海辺に行幸し斎行されていたと考えられています。

曽根崎・梅田地域の総鎮守曽根崎・梅田地域の総鎮守


社名の起こり

菅公が当地で詠まれた御歌 「露と散る涙に袖は朽ちにけり 都のことを思い出ずれば」に因る。

(その他諸説有り)

昌泰4年(91年)2月、菅原道真公が筑紫へ左遷配流される途中、福島に船泊まりされた折に、当社東方に伽藍を構える「大融寺」に船頭茂大夫の案内でご参詣の道すがら、当地で、上の歌を詠ぜられました。この故事にちなみ露天神社と称すると、伝えられています。(『摂津名所図会』に記載の説)

なお菅公は、元和8年(1613年)3月に、二郎左衛門九世の孫・渡辺新兵衛源尋が、大阪夏の陣の兵火で焼失した当社社殿を再建するとき、その御霊代として後陽成天皇より御神名御宸筆を賜り相殿に合祀されました。

社殿について

平成5年、境域諸施設大改修にて境内を一新しました。

現在の社殿は、旧社殿が昭和20年6月に太平洋戦争で焼失したため、昭和32年9月20日に造営竣工したものです。昭和52年10月20日には菅公御神忌1075年祭並びに社殿復興20周年記念事業として、境内各所の修復、透塀・玉垣の新設を、平成5年には社務所・参集殿・正門・鳥居などを造営しました。

社殿について社殿について

境内の催し

お初天神蚤の市

毎月第1・第3金曜日に当社境内で開かれる古物市。特色ある古物商約30店が軒を並べる。

筋分祭

毎年2月3日に追難式(まめまき)、お火焚神事を斎行する。参拝者に御神酒、ぜんざい、うどんなどをふるまい、提灯が明々と灯る境内は多数の参詣者で賑わう。

他に梅田の夏の風物、例大祭(夏祭り: 毎年7月20日前後の2日間 ) などがあります。

境内の催し境内の催し