• お初天神通り商店街とは
  • お初天神について
  • お初天神(露 天神社)の行事
  • お初と徳兵衛祭り
お初天神通り商店街とは

お初天神通り商店街の昔

お初天神通り商店街の由来は、やはり露天神社(お初天神)と共にあります。終戦後直後からお初天神の境内に飲食店が集まり始め、30店舗ほどのお初天神食道街として栄えました。当時あったお店、例えばしゅうまいの阿み彦や小料理の扇屋は現在でも近くに場所を移して昔の味を守りながら営業中です。

お初天神の本殿は戦災で消失したが、商店街の西側の建物は奇蹟的にも何軒か焼け残った。当時の様子を以前の商店街会長高橋さんは「延焼を逃れるため、皆でバケツリレーをやったもんや」と当時を振り返えります。

焼け残った商店街には、今ではオリジナルお好み焼で有名なゆかりや元祖豚平焼きの本とん平など、今でも名を残すお店ができはじめました。昭和30年頃からは低いビルも建ち、商店街としての形が整ったのです。

近松門左衛門「曽根崎心中」ゆかりの地

お初天神通り商店街の今

昭和40年代は梅田界隈にも映画館などが建つようになりました。同時に商店街の入り口にお笑いの殿堂うめだグランド花月もオープン(当初は洋画封切映画館として昭和21年オープン)し、商店街は神社への参拝客や笑いを求める人々で多いに賑わいます。この光景は現在でも変わることはありません。昭和40年代中頃には大阪万博や南北に走る新御堂筋、駅前には大阪駅前ビルが完成し、ますます梅田界隈に人々が多く集まりはじめました。

現在の商店街は、入り口付近にあるうめだ花月シアターへのお客やお初神社への参拝客以外に、梅田界隈で働くビジネスマンやOLの食事処として昼夜賑わっています。今では大阪の北・梅田界隈で最も親しみやすい商店街としてその歴史と共に根づいております。

ちなみに商店街の名前は当初「すずらん通り」でしたが、その後「曽根崎センター街」となり、後に現在の「曽根崎お初天神通り商店街」となりました。やはりお初天神と商店街は切っても切れない深い仲なのです。

お初天神通り商店街の今お初天神通り商店街の今


商店街の略歴

昭和28年 4月 通りに鈴蘭灯が飾られ、『曽根崎中1鈴蘭会』が結成される。初代会長に岡本寅松氏就任。
32年 4月 露 天神社に交番を設置。商店街名称を『センター街会』とする。
35年 4月 第2代目会長に荒木久夫氏就任。
37年 4月 第3代目会長に田中元忠氏就任。
38年 4月 鈴蘭灯の取り外しを契機に、名称を『曽根崎センター街会』とする。
39年 10月 待望のアーケードが完成。盛大に披露式典および街頭パレードを実施。
43年 4月 第4代目会長に東口繁太郎氏就任。
47年 12月 曽根崎2丁目の中央ビルディング2階に事務所を開設。
49年 4月 第5代目会長に山下喜久治氏就任。
54年 4月 第6代目会長に吉岡正一氏就任。
60年 4月 第7代目会長に村上文雄氏就任。
61年 12月 アーケードの大改修工事が完成。これを記念して文楽『曽根崎心・道行の場』を神社境内にてミニ公演、記念タバコを製作・販売。
愛称を『曽根崎お初天神通り』とし、『お初天神お面祭り』と特別記念セールを開催。

63年 5月

会の名称を『曽根崎お初天神通り商店街会』とする。
11月 北区商連40周年記念『お初天神祭り』を開催。
平成元年 4月 商店街カラー舗装が完成。記念パレード・バーゲンセールの実施。完成記念『お初天神』『お初天神通り音頭』の歌と踊りを発表。
2年 9月 『ふれあい曽根崎まつり』を開催(歌謡ショー・模擬店)。
4年 7月 お初天神ビルが竣工。5階に事務所を移設。
8月 うめだ花月シアターが竣工、オープン記念公演に協賛。
5年 4月 第8代目会長に高橋勝己氏就任。
6月 露 天神社、社務所、参集殿、正門、鳥居などが造営される。
9月 露 天神社境内整備工事完成。竣工記念イベントを実施(三代目中村鴈治郎お練り)。
10年 1月 曽根崎公設市場を核とする再開発問題が浮上。
11年 4月 『お初と徳兵衛祭り』を開催(和太鼓・義太夫・トークショー)。
5月 お初天神ビルテナント会と共催にて、講演会を開催。
13年 2月 商店街会のホームページを開設。
4月 第9代目会長に岡本俊毅氏就任。
『お初と徳兵衛祭り2001』を開催(供養祭・スタンプラリー・一店一品サービス)。
14年 11月 曽根崎2丁目の再開発問題が再浮上。
15年 4月 『お初と徳兵衛祭り2003』を開催(上々颱風の公演)。
16年 4月 お初・徳兵衛慰霊顕彰碑竣工式協賛、第4回『お初と徳兵衛祭り』を開催。
18年 1月 商店街に防犯カメラ(24台)を設置。
2月 アーケードの改修工事が完了。
4月 アーケードの改修を記念し、第5回『お初と徳兵衛祭り』を開催。(うめだ花月にて、現代版「曽根崎心中」の上演 )
12月 ハローキティ『曽根崎お初天神』バージョン作成。
20年 7月 商店街創設55周年を記念して、第6回「お初と徳兵衛祭り」“GOGOサマーフェスタin曽根崎”を開催。(クイズ、占い、写真展の併催)
8月 ホームページをリニューアル。
10月 「うめだ花月」閉館。
21年 5月 第10代会長に、山下吉夫氏が就任。
6月 ホームページに携帯サイトの構築。
12月 「曽根崎心中」京都南座公演中村翫雀、中村壱太郎成功祈願。
22年 4月 第7回「お初と徳兵衛祭り」“おいでやす曽根崎へ”を開催。(クーポンとプレゼント)
4月 曽根崎地域活性化のため、近隣店舗にも賛助会員として入会を促す。
7月 mixi(ミクシィ)コミュニティを始める。
7月 twitter(ツィッター)を始める。
8月 「おわら風の盆」公演。
12月 南北ゲート及び北ブロック照明改修工事。(LED化)
12月 ホームページ、3ケ国語(英・中・韓)サイトの構築。
23年 6月 ㈱ペルソナと㈱阪急阪神カードが発行する「スタシアカード」と業務提携。
7月 ホームページに「うめだ・ハラペコ・うまめし」サイトの構築。
10月 財団法人大阪観光コンベンション協会に入会。
12月 3ヶ国語(英・中・韓)対応、商店街ガイドマップを作成。
24年 4月 商店街会賦課金(維持費)の改定。
6月 「フェイスブック」事業の開始。
25年 4月 地域活性化支援センターより“お初天神”が「恋人の聖地」に選定。
7月 「七夕祭り」「エイサー演舞」「沖縄民謡ライブ」の実施。
7月 垂れ幕のイラストデザインコンペの開催。
26年 7月 第2回「七夕祭り」「エイサー演舞」「沖縄民謡ライブ」の実施。
27年 3月 お初天神裏参道オープン。
4月 第11代会長に、八尾健二氏が就任。
4月 アーケード照明LED化及び防犯カメラデジタル化を実施。